無垢材とその使用シーン

自然素材の注文住宅には、珪藻土や漆喰などをあげることができますが、代表的な素材として無垢材をあげることは多くあります。無垢材とは、天然の木を乾燥させて作った無垢材のことを指します。使用される樹木の種類は多種多様で、樹木の種類によって質感も大きく変わるものです。スギやヒノキなどの針葉樹は柔らかいですが、ナラやケヤキなどの広葉樹は硬いという特徴があります。天然木ならではの節があることが特徴ですが、節のない素材を使用することもできます。無垢材を使用するシーンは様々あります。最も多く使用されるのは床材といえるでしょう。フローリングで無垢材を使用する人は多いです。 このほかにも、天井や建具、キッチンカウンターに窓枠、壁など様々な場面で使用されています。

無垢材のメリットとは

無垢材を使用するメリットは様々あります。そのひとつがぬくもりを感じることができるというものです。無垢材は、木ならではのあたたかな質感を楽しむことができる素材です。一枚一枚の模様も異なっており、その自然な状態が落ち着いた雰囲気を漂わせるので、非常に人気があります。雰囲気だけではなく、体感でも暖かみを感じることができます。断熱効果でも冬でも暖かいです。また、湿度の調整をすることができる点もメリットです。部屋の湿度が高ければ、湿気を吸収し、湿度が低ければ水分を放出して乾燥を防ぎます。常に快適に暮らすことが可能です。このほか、経年の変化を楽しむことができることもメリットです。

時間とともに模様や色合いが変化していき、住めば住むほど味わい深くなります。

建売住宅を購入する際に住宅の代金の支払い以外に必要となる出費としては、登録免許税や地震保険などの保険料が挙げられます。