経年による変化が顕著

無垢材や珪藻土などを使用した自然素材の注文住宅には、多くの人々が魅力を感じています。しかし、自然素材の家は、メリットばかりではなくデメリットもあるので注意が必要です。そのデメリットのひとつは、経年による変化が顕著であるということです。無垢材を使用した場合、時が経つにつれて乾燥によってひび割れや反りが起こる可能性があります。珪藻土や漆喰の場合も、乾燥によってひび割れが生じるほか、出来栄えにムラが生じる可能性が高いです。また、自然素材は傷や汚れがつきやすいという特徴もあります。人工的な素材ならば、傷がつきにくく劣化しにくい素材もあるので、デメリットとなるでしょう。

これらの変化も、味であると感じられなければ向いていません。

コストが大きくかかる

自然素材の注文住宅のデメリットとしては、コストがかかるというものもあげられます。自然素材の家は、合成素材を使用して建てた注文住宅に比べてコストがかかる傾向にあります。これは、自然素材自体が高価であるということもあげられますが、オプションとして追加料金がかかるということもあげられます。これらのことから、自然素材の家は初期費用が膨大にかかってしまい、その点ではデメリットです。しかし、長い目で見ればメリットともなります。自然素材の家は、メンテナンスをしっかりと行えばリフォームがほぼ必要のない家といえます。長く住むことを想定しているので、長持ちしてコストパフォーマンスが良い家です。

オプションに関しても、注文住宅ならば自分で選ぶことができるので、コストを抑えて建てることができます。

新築一戸建ては、全国展開している住宅メーカーから、地域住民に信頼された老舗の工務店、優秀な建築士がいる設計事務所など様々なところで施工依頼が可能です。